探偵社への初めて依頼をサポート!探偵について解説します。
探偵
安い調査の失敗例


 探偵社の中には異常に低い料金で宣伝するもあります。
 一般的に探偵社の行動調査で下限となるのは「1日8時間で8万円」が目安であり、これを下回る金額の会社には「何かがある」と考えて間違いはありません。
 では実際にはどのようなトラブルが発生し、調査が失敗に終わるのでしょうか。

探偵社が調査せず虚偽報告する
 これは最悪のケースですが、契約をしたにも関わらず全く調査をせず、報告書にさも調査をしたような協議の報告を行うケースです。

調査員の人数を減らされた
 通常の調査は最低でも2人1組になり行います。これは調査中の突発的な事柄に対応するために必要な人数で、本来は削るべきではありません。

尾行を途中で止めてしまう
 尾行中に相手がタクシーに乗車すれば普通は探偵も近くでタクシーを確保し続行しますが、経費を抑えたいと考え適当な言い訳で尾行を止めてしまう場合があります。

高額な追加調査を強要する
 「低額料金」は「高額な追加調査」へ誘導する為のエサである場合があり、強要や脅迫でなかば強引に追加契約を結ぼうとする探偵社もあります。


浮気・素行・盗聴
ストーカー・嫌がらせ…

まずは相談!

確実な実績・調査力で評判
【原一探偵事務所】
↓↓↓↓↓
不倫調査・浮気調査


探偵ガイドTOP
次ページ
前ページ

Copyright(C) 2009
探偵ガイド